矯正治療

矯正治療は治療期間が長いと思っている方へ。

当院の矯正治療は、最適な時期に最小限の治療装置で治療し、実際に装置をつけている期間を、できるだけ短くするように心がけております。あまりにも早くからいろいろな装置をつけたりはしません。

また患者様に協力してもらわなければならない、取り外しの出来る装置は極力少なくします。矯正相談したら先生によって治療方針が違うので、迷っている方へ。患者さんによっては確かに、歯を抜くとか抜かないとか、先生によって治療方針が異なることがあります。セコンドオピニオンでもサードオピニオンでも構いません。心配なことがあればいつでもご相談ください。いろいろな先生の意見を聞いてみるのもよいと思います。

 

インプラントを用いた矯正治療・・・当医院では矯正用の細くて小さいインプラントを固定源に使うことにより、歯を抜く確率を減らせたり、出来るだけヘッドギア-を使わないで治療できるようになりました.このインプラントは治療後に簡単にはずせます。当院では、歯を引っ張る固定源として2001年頃から、インプラントを用いてきました。そして2005年には、矯正学会とインプラント学会にて発表いたしました。

従来歯を抜いて矯正治療する時に、奥歯と前歯で綱引きをするのですが、どうしても奥歯も前にきてしまいます.日本人は白人に比べると下あごの角度がきつく、がたがたの量も多いのでヘッドギア-という帽子をかぶったり、上あごと下あごの間にゴムをかけたりして、患者様に協力してもらわなければならないことが多かったのです.ところがインプラントから前歯を引っ張ると、インプラントは動きませんので、確実に前歯を動かせるようになったのです.また本来なら歯を抜かなければ矯正治療できないケースでもインプラントを用いることにより抜かないで治療できたものもあります。矯正の固定源として使うインプラントは歯の抜けたところに埋め込むインプラントとは異なり、短くて小さいもので、埋め込むのも非常に簡単です。また矯正治療が終われば、麻酔なしで簡単にはずせます。

 

 2015年より、スピード矯正という方法を取り入れました。これを用いると矯正治療期間が短くなります。治療方法と費用についてはお問い合わせください。

 

 当医院の治療基本方針として患者様にできるだけ負担をかけないようにしております。すなわち観察期間は長くても、実際に装置をつけ始める時期をよく見きわめ、よい開始時期がきたらすぐに装置をつけて治療し、出来るだけ早くはずします.つまり良い時期に最小限の治療装置が良いと考えております。あまりにも早くからいろいろな装置をつけたりはしませんし、患者様に協力してもらわなければならない、取り外しの出来る装置は極力少なくします。当医院での治療期間は歯を抜かないケースで約1年以内、歯を抜くケースでも1年半~2年半ぐらいです。スピード矯正を用いるとこれがさらに短縮できる可能性が高くなります。

 

 矯正装置も金属製、目立ちにくいプラスチックやセラミック製、そして全く見えない舌側矯正装置(歯の裏側につけるもの)が選択できます。

一般治療の患者様も、後に矯正治療をする可能性のある方は矯正の診断を考えた上で、治療をすすめていきます。

 

 

 

歯のがたがたが大きく横顔も出ている方を舌側矯正で改善した症例

この症例は平成11年発行の近畿東海矯正歯科学会誌34巻第1号に掲載されました。

上あご、下あごの写真はすべてミラーを使っているので左右逆に見えます。




まるで手術をしたかと思うほど、横顔がすっきりとしました。






治療中の上下の写真です.この症例では下あごの左右の親知らずが傾いて引っかかっていましたが、歯を抜いて治療することによって、スペースが出来てきたので、親知らずを起こして使うことができました。


あごの角度がきつくてもインプラントを使ってヘッドギア-なしで治した症例

この症例は2005年6月12日 第47回近畿東海矯正歯科学会(名古屋市)、および2005年7月24日    

日本口腔インプラント学会第25回近畿北陸支部大会(金沢市)にて発表しました。

また「ミニインプラントを固定源に用いた矯正治療」として、大阪口腔インプラント研究会雑誌 第21号 16-28, 2006年に掲載されました。






あごの角度がきついので、前歯が入らずに奥歯が前に来てしまい、せっかく歯を抜いたスペースを有効に使うことが出来ません。かといって24時間ヘッドギアーをしてもらうわけにもいきません。

そこで全く動かないインプラントから前歯をひっぱりました。犬歯と奥歯の後ろに見えるのがミニインプラントです。


インプラントを使うことによって歯を抜かずに治せた症例

この症例は2005年6月12日  第47回近畿東海矯正歯科学会(名古屋市)、および2005年7月24日    

日本口腔インプラント学会第25回近畿北陸支部大会(金沢市)にて発表しました。また「ミニインプラントを固定源に用いた矯正治療」として、大阪口腔インプラント研究会雑誌 第21号 16-28, 2006年に掲載されました。



この患者様はもうすでに上の親知らず(第3大臼歯)を抜いた後で当院に受診されました。

上の第二大臼歯の後ろには十分なスペースがあり、もし犬歯の後ろの歯(第1小臼歯)を2本抜いて矯正治療したら、上の第二大臼歯が今よりも前にきてしまい、歯のないスペースがさらに大きくなってしまいます。

そこで上の歯全体を後ろに引っ張ることが出来ればよいのですが、成人でお仕事もされているのでヘッドギアーを24時間かぶるわけにはいきません。写真の第2大臼歯の後ろに見えるのがミニインプラントです。これから引っ張ることで、歯を抜かずに上の歯全体を後ろに引っ張ることが出来ました。

上下の前歯がかみ合わないのを舌側矯正で治した症例




歯を抜くことにより、上と下の歯がかみ合うようになり、また横顔も少し入りました。

歯の裏につける、表からは見えない装置で治療しました。

前歯がかなりすいているのを矯正とブリッジで治した症例


歯のスペースを閉じることにより横顔もかなり入りました。


唇の筋肉が弱いので上も下もかなりスペースがあいていました。それに加えて上の歯は左上の前歯が1本少ない症例でした。


上は歯が1本少ないところにスペースを集めて、ここに保険のきくブリッジを入れました。


下はすべて自分の歯でスペースを閉じました。

上下ともに、後戻り防止用のリテーナーを歯の裏に貼っています。

元、歯科助手 トリートメントコーディネーター 黒崎祥子

 

 

 

 

元、歯科助手 

トリートメントコーディネーター

(結婚のため退職しました。)

          黒埼 祥子


 

(矯正治療をしていましたが2004年12月ついに装置をはずしました。治療中も透明な装置なのでほとんど目立ちませんでした。)矯正治療ページの最後に治療経過が載っています。


上あごは犬歯の後ろの歯(第一小臼歯)を2本抜きました。下あごは奥に埋もれていた親知らずだけを抜いて、小臼歯は抜かずにあごの幅を広げて治しています。

2003年1月

2004年12月





 

 

 

 

矯正治療後のスマイル

上だけ歯を抜いて治療しましたが1年11ヶ月で

治療が終わりました。